大阪で50余年の信頼と実績
明晃印刷株式会社


デジタルが主流の世の中、時代の流れもすごいスピードで流れています
アナログが淘汰され一切の書籍印刷物・新聞がネットの時代になる
と一時期騒がれました

そのとき私達の答えは「NO」でした

時代は流れても残しておきたい物は必ずある
書籍・印刷出版物はデジタルが
もてはやされている時代であっても
アナログには大切なその人の想いが沢山詰まっている

デジタルを拒否するのではなく
良き所を積極的に取り入れアナログと融合させる
それが私達 創業50余年 明晃印刷株式会社 の考えです


私たちの3つのポリシー

1 お客様の疑問は自分たちの糧である

「お客様の観点からの印刷の疑問や不安」を教えてください!
印刷に関してわからないことは何でも聞いてください。
何気ないお客様の疑問に関して私どもも「ハッ」と気づかされる事が多々あります。
それが私どもの糧(勉強)になります。

予算組み・納期・製作 または担当になって何から初めていけばわからない・・等、何でも構いません。
お気軽に 印刷なんでも質問ボックス からご相談ください。

2 人と人とのご縁・関わり合いを大切にしたい

きっかけがネットでも!
私どもネットがご縁のきっかけだとしても、最終的にはアナログでお話させてください。
印刷物というものは建築で言う「建売住宅」ではありません。
ひとつひとつお客様の意見を取り入れた「注文住宅」なのです。

一つ一つがこの世に二つと無いオリジナル作品なのです。
何でも構いません、 編集スタッフ高崎 にドンッと貴方の想いをぶつけてください!

3 プロセスを大事にしたい

価格だけでは決めないでください!
と申しましても、決して私どものご提示する価格が高い訳ではございません。
色々な印刷会社サイトが点在いたします。
印刷 虎の巻 にも書いていますが、価格で業者を決定されるのは大変危険です。
なので当社はあえて見積もりフォームのような様式を用意しておりません。

価格も重要な選定基準ではありますが印刷のプロセスを大事に考えてほしいのです。
印刷の企画から始まって納品までの時間(プロセス)は長いお付き合いになります。

私どもはお客様とのかかわり方を第一に考えています。
当社は価格で決定して頂いた事例はほとんどなく、また紹介で印刷のお仕事を頂く方が 多いということが自信に繋がっています。

明晃印刷株式会社 記念誌・社史・句集の実績